CASE STUDY 03

経営視点にたって意思決定する力を養う

経営意思決定シミュレーション研修「The game of Income Outcome」

 C社では、営業部門と生産部門の利害対立が度々起こり、業務推進上の大きなストレスになっていました。その度に経営幹部が丁寧な説明をしてきたつもりであるが、自部門最適を求める意識が強く、なかなか理解が進みません。
 さらにC社では社員自らがビジネスを広げていくためにも、全員に「計数感覚」をもたせたいとも考えていました。
 特に将来、経営を任せる幹部候補人材には、事業全体のバリューチェーンを俯瞰して考える視点が必須だと考えていましたが、有効な施策を見だせないでいました。

  • ●財務知識係と経営意思決定感覚を体験する「経営意思決定シミュレーションゲーム」の実施
  • ●職場混合でチーム分けをし、人的交流と、他部門理解の促進を図る

<経営意思決定シミュレーションゲーム「The Game of Income Outcome」の概要>

  • ■1クラスを4~6チームに分け、チーム対抗でゲームを進めます。最後に、一番キャッシュをもっていることを
     競う1-2日間の研修
  • ■ゲームでは、製造会社を設立し、一ヶ月ごとに月次決算をしながらチームで経営を進める
  • ■各月で求められる様々な意思決定をこなし、その結果がどのように財務諸表に反映されるのかを、
     ゲームを競いながら体感することができる