TOP MESSAGE

中国のHRD Personal Doctorとして

董事長 田口佳子

 升励銘の設立以来、社員一同が様々なチャレンジをし、素晴らしいお客様と外部コンサルタントにも恵まれ、中国の地に根を下ろすことが出来ました。 まさに中国の激変を身体で感じてきた数年間でした。

 人は企業の最大の財産です。如何に人の可能性を引出し、能力を最大限に発揮させるかが、企業に活力を持たせ、勝ち抜くための経営の根幹だと思います。 升励銘はその根幹の具現化を使命とし、クライアント企業とともに真剣に取り組むプロフェッショナル集団です。

 高成長が続いた中国市場はニューノーマル(新常態)に入りました。 高成長時代に一気に投資を拡大した日系企業、グローバル企業、中国企業にとって、これから問われるのは投資の競争ではなく、経営の品質全体なのです。
 したがってこれから問われるのは投資の競争ではなく、経営の品質全体なのです。 つまり、今持っている経営資源と競争優位性を最大限に発揮した企業のみが勝ち残るのです。
 今の日系企業に必要なのは自社の人と組織を総点検して人材開発投資、組織開発施策を成果が見込めるものに集中すべき時なのです。

 升励銘はこれまでの現地化を加速させるための選抜リーダー育成に加えて、人・組織の資源の総点検をお手伝いすべく、人材アセスメント、経営シュミレーショントレーニング、組織(現場力)開発等に注力していきます。
 成果目標をお客様としっかり握った上で、成果が出るまで徹底してサポートさせて頂きたいと思っています。

 今後は、日本人の方針と中国人マネジャー・幹部の想いが同期され、現地スタッフによるイニシアティブが発揮された施策でなければ成功はおぼつきません。
 我々は日本サイドの方向性を十分に理解した上で、中国人マネジャー及び幹部の皆様の志に寄り添って、共に成果を出し、その喜びを分かち合えるHRD Personal Doctorを目指してまいります。